英語で教えないと

脱サラ教師。ゴルフを再開しました。

スイングの極意

スクールに入り直して半年が経った。

ようやく球を捕まえられるようになってきたが、クラブを変更する度にリストターンのタイミングがわからなくなる。

今はとにかくスライスを出さない練習に励みたい。

 

今日、これだ!と感じるスイングができた。

ダウンスイング時に頭を後ろに向け、リストターンをシンクロさせるタイミングだ。

「後ろにポケット」を作れ、と脳が命令したのがわかった。

ポケットとはおそらく空間のことで、後ろ重心の間に手首を返しておく感覚的なニュアンスだろう。

桑田氏の弟の教本のように、ボールはそこにあるのだから、ぼんやり見えるくらいだった。

 

ゴルフシミュレーターやインドアゴルフを介して色々と試してみたが、やっぱり打ちっぱなしでの練習がベターだと思う。

60ヤード以上飛ばなきゃ球筋がわからないし、感覚的に気持ち良くならない。

冬はラウンドせず、打ちっぱなしでスイング作りに時間を充てたい。

 

 

自作PCの逆襲

Windows10の酷さにMacユーザーとなった僕。

何だかんだDVDにTV番組を焼いたり、画像を編集したり、テスト作りに欠かせないマシンだということがわかった。

要するに僕のやりたいことにスペックが追いついていないだけだった。

ゲーミングPCと悩んだが、マザーボード以外、全取っ替えで自作PCを昇華させることに決めた。

 

まずはCPUをCore i3からCore i5に交換することにした。

ソケットはLGA1150だから、製品は限定される。

Core i5 4460が22,680円。

DDR3 8GBメモリが8,500円。

それとGTX1050Tiが20,000円。

 

サグラダファミリアのように拡張は終わらない。

予算の都合上、1年後にようやくviveができるスペックとなるのかな。

それまではお仕事マシンとして頑張ってもらおう。

ロビ2専用 脚パーツ色替えセット

ロビ2 は格段に作りやすくなった。

特にケーブルとモーターは接触不良を起こさない工夫があり、前作のような不安は一切ない。

月イチの僕の楽しみである。

 

f:id:hide5344:20180218180527j:image

f:id:hide5344:20180218180532j:image

 

今日、デアゴスティーニから脚パーツのセットが届いた。

高い買い物だが、子どもたちのリクエストである。

来週、左右の脚にこれらを取り付ける。

完成イメージはまさにコレだ。

f:id:hide5344:20180218181009j:image

 

 

今さらレビュー Video & TV Sideview

僕はnasneを利用してビデオを観ている。

教材用に『情熱大陸』や『プロフェッショナル』などを撮りためているが、DVDに焼くのに手こずっている。

nasneは端末に転送し、視聴するだけのもの。

もし教材にしたいのであれば、nasne→PC→DVD化のプロセスを踏む。

もうほとんどWin PCを使っていないため、めちゃくちゃ時間のかかる作業となる。

 

次にVideo &TV Sideviewの転送事情であるが、OSの低いXperia Z3 tablet compactなんかは近頃、エラーばかり多発する。

一方iOS版はすこぶる好調なので、、最新のOSが肝であることがわかる。

 

正直iPhone 7で動画を観るのは、イヤホンジャックの違いや視聴中の着信・受信が邪魔して、ストレスである。

iPadはデカすぎるので、iPad mini4がほしいところ。

iPadに防水機能が付いていればいいのだが、なかなか最適なデバイスが出てこない。

docomo端末追加購入(90日経過後)

前回、追加購入できなかったGalaxy S8をドコモオンラインショップで購入した。

 

S8は端末購入サポートの対象製品のため、15,000円くらいで一括購入できる。

しかし12ヶ月間以内に解約すると、違約金が3,4万円程度発生する。

 

今回の月額使用料は1,800円。

12ヶ月使うと21,600円だから、一年で解約するのが最も安くなる。

(15,000+21,600+解約金10,000=総額46,600)

海外のSIMフリーS8が62,000円くらいだから、輸入するのがバカバカしくなってしまう。

 

f:id:hide5344:20180217071144j:image

続インナーボックス 26x26x16 を作る

 

f:id:hide5344:20180207212610j:image

 f:id:hide5344:20180207212615j:image

f:id:hide5344:20180207212632j:image

インナーボックスがついに完成。

水性塗料を二度なったので、木目を残しながらホワイトがうまく馴染んだ感じ。

しばらくは これを使っていく。

 

インナーボックス 26x26x16 を作る

先日、床面積の少ない我が家はテレビを壁に立てかけてみた。

水平ではなく、微妙にズレていたため、カラーボックスを挟み、さらにコードを隠した。

 

f:id:hide5344:20180203181139j:image

 

ここまでは上手くいったが、なかなか横置きのインナーボックスが売られていない。

そこでこんな感じのボックスを子どもたちと検討してみた。

 

f:id:hide5344:20180203181348j:image

 

 施工のできる都内の島忠に行ったが、素人の僕は寒さと場の雰囲気に飲まれ、レンタルを申し出ることはできなかった。

電動ジグソーを購入し、自宅の通路で作ることにした。

 

予算の関係上、ラワン材にしたのが運のつき。

ヨコ方向の切断が難しすぎる。

なんとか寸法通りには切れたが、一枚の板から何枚も切るのは精度が落ちるで、次からは売り場でヨコ方向だけは切ってもらうようにしたい。

 

f:id:hide5344:20180203182414j:image

 f:id:hide5344:20180203182419j:image

 

厚みは9mmなので、合板のセンターを狙って釘で打ち抜くのに苦労した。

底板はかぶさっている感じで隙間は木工ボンドをパテのように塗り込んだ。

次回は、再度研磨して、ホワイトを塗装するつもり。

つづく