英語で教えないと

脱サラ教師。ゴルフを再開しました。

次はiPhone SE

来年2月でSBの契約更新期間に入るため、ワイモバイルへの移動を検討中。

WillcomからSBにMNPした際、PHSユーザーとしてかなり安くしてもらった。

ただし2年すぎると今より高くなるため、キャリアメールの付いたMVNOを考慮した結果、ワイモバイル一択となった。

 

我が家はコンピュータをアップルで揃えることにした。

次女、三女にも下駄を履いたiPhone 4Sをビーコンがわりに持たせているが、最近ではメールもカメラもビデオも撮れるようになった。

 

4年計画で家族全員のスマホSIMフリーにするつもりだ。

これからは長く使える良いものを大切にしたいし、そういう意識を子どもたちに持たせたい。

スイング完成への手応え

この3ヶ月間、スイングに悩みまくっていた。

テイクバック時のフェイスの向き、腰の回転、後ろ重心のままスイング、頭を動かさない…。

 

じゃじゃ漏れの水のように、一つ直すと新たな課題が見つかる連続だった。

10年前はなんで80を切れたのか?

きっと動体視力が良かったのだろう。

今じゃ身体がついてけないから、正しいスイングのプログラムを書き換えることにしたんだった。

 

今日、点在していた課題が一つにまとまった感じがした。

・シャットのままクラブを真後ろに引く。

・テイクバックとともに後ろ足に体重を乗せる。

・トップの位置でシャットを意識しながら、頭を動かさずに腰を捻転させる。(腰が腕より先に始動するが、ほとんど同時くらいでOK)

・手首が返る瞬間、インパクトのイメージ。

 

クリーンヒットしたボールは限りなく軽く、乾いた音がした。

この感触は後日、再現できると信じている。

後ろ重心のままスイングすることがようやくできてからだ。

 

マンネリ気味だった練習も楽しくなってきた。

 

 

amazonに出品してみた

先月、今月と売上が1万円近くになり、在庫が尽きたので、レポートします。

僕は特価品のおもちゃや、個人輸入品をだいたい2個買う。

悪癖だと妻には散々言われるが、とにかく僕のコレクションは妥当な値段を付け、2ヶ月で売り切れた。

 

amazonマーケットプレイスは既存品のみを扱う個人出品と、新たに商品登録できる法人のような出品形態に分かれている。

後者だと毎月4,5千円かかるが、amazonの倉庫から出荷してくれる。

 

今後の売り上げ次第でもあるが、ゆくゆくは法人サービスの方に移行したい。

iPhoneでクリックポストを印刷

ようやくwena wristとApple watchをつなぐバンドアダプターが売れたので、今回の出荷はクリックポストから出すことにした。

 

ヤフーのIDを入れ、宛名を入力。

チェックを入れて、いざ印字をクリック。

再印字の表示が出てしまい、印字ができない。

 

WindowsChromeでやって見たところ、PDFのページが出てきた。

つまり、Safariのポップアップブロックが設定されていただけだった。

 

f:id:hide5344:20170918222904j:image

 

設定→Safari→一般→ポップアップブロックをオフにする。

これでiPhoneから印刷することができた。

Macでもポップアップブロックのチェックを外せばOK。

 

早速投函し、クリックポストの追跡番号を連絡した。

 

 

SIMフリーの時代へ

来年2月にソフトバンクの2年縛りが終わる。

PHSから安くiPhoneに乗り換えたため、次はどこのキャリアに行っても一人当たり7,000円はかかる計算だ。

iPhone 8にしないならワイモバイルかUQモバイルiPhone SEにして、SIMロック解除をしておくのが経済的である。

妻はキャリアメールがまた変わるのー⁈とボヤいているが、今時キャリアメールを使っているアナタが珍しいのだ。

 

これからはSIMフリースマホを電池交換しながらケチケチ使っていくのが王道である。

次女、三女は下駄を履いたiPhone 4sを彼女たちなりに使いこなしている。

 

スマホの進化のスピードや販売数は鈍化し、新機種への乗り換えは3, 4年くらいに伸びるだろう。

だから格安SIMへのMNP後も手持ちのスマホをしばらく使い続ける状況が続くと思う。

 

 

 

Windowsの終焉

ウチは自作のWindows機を使っているが、もう完全にMacへ移行するだろう。

僕のMBPにはFusionが入っているが、久しくwindowsを起動していない。

 

そもそもwindowsを使いたくないなあ、と思ったのは、10年以上もiPhoneで撮りためた写真や動画管理の煩雑さである。

子どもたちの写真も編集する気も起こらないし、それを階層深くまで探すのが面倒である。

また、教材用に撮りためた動画や音源の編集もWindowsMacを行ったり来たりして疲れてしまう。

 

Macが最高というわけではないが、windowsの重さやダルさに最近ストレスを感じてしまう。

windowsの存在価値はDVDを焼くことぐらいである。

 

Macで全て編集。

煩雑な作業から解放されたいと思った。

 

 

Apple iMac (Retina 4K Display 21.5 /3.1GHz Quad Core i5/8GB/1TB/Intel Iris Pro 6200) MK452J/A

Apple iMac (Retina 4K Display 21.5 /3.1GHz Quad Core i5/8GB/1TB/Intel Iris Pro 6200) MK452J/A

 

 

 

 

ヤマダ抽選に並んでみる

iMac 27インチ5Kが¥64,800!

とんでもない値段で売られていたため、運試しにヤマダ池袋に並んでみた。

9:00になり、僕の後ろには100人以上並んでいる。

これから抽選券が配られるが、10〜25倍くらいの競争率となりそうだ。

こんなアバウトなのは、前に並んでいるため、後ろに一体、何人並んでいるのか見当もつかないからだ。

 

9:30になり、抽選券が配られた。

僕は4番目だが、この番号には何の意味も持たない。

周りは蛇頭みたいな転売集団に囲まれており、頭目みたいな男が、手下に新たな指示を出していた。

 

9:45になり、抽選会場に連れて行かれた。

当たるはずもないんだけど、150番台の人がいたから、倍率は20倍弱か⁈

もう二度と行かないだろうし、このような徒党を組む外国人の少ない田舎に移り住みたいと思った。