英語で教えないと

脱サラ教師。ゴルフを再開しました。

PayPay終了

昨日PayPay の20%ポイントバックが終了した。

10日ももったのか、と想定外の結果となり、少し残念な気持ちにもなった。

 

f:id:hide5344:20181214192119j:image

 

今回の買い物のポイントバックは1月10日となっている。

ポイントバックを使い切ったらもうPayPayは使わない。

通常のポイント率に魅力を全く感じないからだ。

バイバイ、PayPay!

 

nanoblock NBH_170 KYOTO他

外国の方へのプレゼント用にナノブロックの金閣寺を買ってきた。

一言で、楽しすぎる。

子どもたちと沖縄旅行の時に買ったシーサーを作り始めたのを皮切りに、1日でかなり作ってしまった。

 

f:id:hide5344:20181209172421j:image

f:id:hide5344:20181209172435j:image

f:id:hide5344:20181209172504j:image

f:id:hide5344:20181209172535j:image

 

次女はこれからポケモンを少しずつ作りたいとのこと。

三女はまずは簡単なものからと言っていたが、正直、小さい方が作りづらいので、僕の手伝いを頼むことにする。

レゴもいいけど、コンパクトな点でnanoblockをおすすめします。

 

 

 

 

新4K8K衛星放送チューナーが必要

先日、スカパー!プレミアムサービスの開始に伴うアンテナ工事をしてもらった。

スカパー!プレミアムサービスとは東経128度/124度のCSのHD放送である。

すでにスカパー!は東経110度のCSを打ち上げ、運用しており、そちらの方に4K放送を持っていく寸法だ。

 

いくらスカパー!プレミアムサービスで新4K8K放送を探しても出てくるはずはない。

専用チューナーに新番組が更新されるのであって、12月1・2日の無料開放デーで4Kが見られるのはすでに専用チューナーを買った人のみが対象である。

 

なんだかモンゲーって感じである。

2020年のwowowの参入までは現行体制で十分だと思った。

 

f:id:hide5344:20181126010243j:image

 

 

ワイヤレスおでかけ転送

PSPウォークマンの頃からソニーのおでかけ転送でBBCや洋画を見ていた。

時代が進み、スマホへワイヤレスで転送できるようになったが、接続機器の構造がよくわからなかった。

 

先日のwowowB’zのライブを撮ったので解説したい。たまたまwowowの契約が移行期間でダブっていたのを断っておく。

 

f:id:hide5344:20181126001854j:image

 

テレビ→KJ-55X9000E(外付けHDD)

ビデオ→BDZ-EW510(内蔵HDD&USB)

その他→nasne

 

今回、テレビの外付けHDDとビデオのダブルチューナーの計3本を撮った。

上記の3機種は全て同じ階層のLANで繋がっている。

ビデオのHDDへの録画はワイヤレス転送できたが、テレビやUSB HDDからムーブしたデータは転送できなかった。

 

つまりソニーのBDレコーダーの本体はワイヤレス転送でき、ムーブしたものはBDに焼くか、格納するかのどちらかとなる。

英語教師としてのオカズとなるデータはBDディスクに焼いたものか、PC上で動画をキャプチャするくらいしかない。

 

BDZ-EW1200はおすすめである。

やはりHDDは焼いたり、転送する前に少し蓄えておきたいからだ。

数年後の買い替えの時には、少なくとも2TB以上の機種にしたい。

iPhone 8が見当たらない

docomoiPhone 8 256GBを冬の時代のためにおさえておきたいが、どこにも見当たらない。

あっても64GBであり、すぐに動画で一杯になってしまう。

他社も同様で、MNPで引っ越してもdocomoのように安価に手に入らない。

欲しけりゃApple Storeで買うのが手っ取り早い。

 

こう考えると、今年度中は端末を安く買えるdocomoAndroidを買っておき、現行のiPhone 7を眠らせておくのが最善策だと思う。

Macを使い込んでいくと家族で決めただけにiPhoneの減退はツライ。

docomo 端末購入サポート

当面のスマホの買い占めを行いたい。

先述の通り、新型のiPhoneは減産され、既存品が品薄になる展開だ。

キャリアも総務省から4割近くの値下げを余儀なくされ、今のうちに2年縛りを増やしたい意向である。

ユーザー、キャリアともに型落ちスマホを売買したいのだ。

 

今日はdocomoの端末購入サポートについて仕組みを説明したい。

f:id:hide5344:20181114185243j:image

端末購入サポートの解除料が掛からず、機種変更に持っていけるのは、契約から14ヶ月目である。

右側のオプション契約がひと月先まで効力があり、これを解約してしまうとメチャx2高い解約料が掛かってしまうのだ。

 

だから僕の契約だと、機種変できるのが翌年1/1からとなり、Xperia ZX1が市場から消えている可能性がある。

SDカードに動画をワイヤレス転送でき、ノイキャンイヤホンを挿せる機種だけに大変残念である。

 

4G時代の終焉

iPhone販売の不調が報じられ、いよいよ4Gから5Gの時代に突入しそう。

普通に暮らしていてもLTEが遅く感じてきたし、ウチのWi-fFも受け取る機種が古いのか、ノッキング気味で受信している。

 

今、docomoの回線を利用している。

端末購入サポートで256GのiPhone 7を買ったが、これ以上の機種はお目にかかれないので一度休ませたい。

 

機種変は14ヶ月後の来年1月以降となるが、代替機Xperia ZX1が売り切れていないことを願う。