読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

英語で教えないと

脱サラ英語教師ももう40歳。

もうゲームは飽きた

ゼルダにハマったり、ファイアーエムブレムにのめり込んだ春先ではあったが、もう飽きた。

これらはキャンピングカー計画がパーになった代替欲求から来ている。

いや、キャンカー自体が僕の人生の代替欲求だったのだ。

 

サラリーマンから念願の教師になった時点で、安定にすがり、挑戦することをやめてしまった。

チカラの証明で満足した15の僕そのものだ。

 

やっぱりIELTSやTOEFLを勉強して、わかりやすく教えることが、これからの英語教師の生業だと思える。

学校でやる気のない子を振り向かせるのは、真の教育ではない。

それに僕自身が世界のことをもっと知りたいのだ。

 

今日、新しい職場に派遣されたALTと話した。久しぶりの英会話での自己紹介。

アタマの中が英語モードに切り替わるだけで、なんだか気持ちいいのだ。

 

僕は安河内さんみたいに英語教育を変えたい。

むしろ塾や予備校の方が都合が良いと感じている。

 

そうだ。

やっぱり僕はこれしかないんだ。

 

新自分を磨く方法

新自分を磨く方法

 

 

 

Nintendo Switchをやってみた

先日ジョーシンでスイッチが予約できたた。

我が家はジョイコンを買い足し、『1•2 Switch』を全員が揃う時にやることにした。

子供とやってみると、今度は本物の卓球がやりたい、とか現実世界の話になるわけだ。

画面に頼らずにプレイすることは想像力を刺激する。

 

一方、僕は『ゼルダ』にはまってしまった。

今まで手を出す機会がなかったが、前々から興味を持っていた。

今回のはオープンワールドで、何をしてもいい世界。

たいていタワーを探し、祠に行くために登山し、気がつけば数時間もやってしまっている。

週末は『amiibo』探しに明け暮れ、当分、冒険は終わりそうにない。

 

 

 

さらばPSVR

去年、Amazon U.K.でPSVRを買った。

ついでに向こうのローンチも手に入れたが、全くの手付かず。

画質悪すぎだし、Proにつないでみてもほとんど変化が見られない。

売るのも面倒なので、お蔵入りを決めた。

 

PlayStation VR

PlayStation VR

 

 

いつの間にかVRの宣伝すらしていない。

ひとりゲームはゼルダドラクエ11をもって卒業します。

 

ただの高熱って…

38.6℃まで上がったが、インフルではなかった。

Cのところにマークが残ってたので、インフルCを覚悟したが、クリアという意味らしい。

 

頭が割れるように痛いが、良しとしておこう。

今日くらいはゆっくりと休ませてもらおう。

厄年という言い訳

今日、職場で37.6℃の熱が出た。

カラダが痛いし、悪寒と頭痛の攻撃に耐えられなくなった。

先月インフルで休んだ以上、もう職場を休みたくない。

夕方の診療を祈る気持ちで待っている。

 

本も頭が痛くて読めないので、三年間の生活を振り返りたい。

36にして、僕は教員採用試験に合格した。

初挑戦は33の時だ。

カイシャでの扱われ方に疑問を覚えていた。

本当は駐在員になりたかった。

大阪への転勤を命じられ、運命をかけた決断だった。

 

河合塾の小論講座でいつも合格判定だった僕は、現実を受け止められなかった。

目減りしていく貯金から切符を買い、教育実習に参加した当時の僕は咳が止まらなかった。

 

そんな僕を得意先さんが拾ってくれた。

3年間ガムシャラに働いたが、職場の雰囲気が全く合わなかった。

僕はあるビジネスの方向転換を機に、公務員試験を受けることを決意した。

 

合格後、辞めるのに時間を要した。

裏切り者として、3月までいるのが辛かった。

正月に死んだ父親に報告し、とても喜んでくれた。

僕は公立の泥水を飲む覚悟があった。

しかし面接の電話は、期待よりも不安しかなかった。

 

配属が決まり、自宅からの通勤は1.5時間も要する。

鬱になった同期の子と歓迎会に出た際に、土日はないと思え、と言われたのを覚えている。

その人が悪いのではないが、往復3時間もかけて指導する意味はあるのか、という疑問は消えることはなかった。

 

本当は誰かメンターになってくれる人が必要だった。

いきなり担任をやらされ、同期の子は正月明けにいなくなった。

相談できる人がいないし、聞くと嫌な顔をする人たちの集まりだった。

結果、僕は留年した。

 

2年目は笑いながら、心の中では泣いていた。

鬱になりかけても、這いつくばって電車に乗った。

救いがALTの先生の存在である。

僕のグチを放課後によく聞いてくれた。

 

今年、少人数での英語の授業が始まった。

僕は板書をほとんどしないし、ノートもチェックしない。

それを直せと、他の先生方に言われてからは、カリカリと下手くそな字で板書している。

 

子供たちも大きくなり、最近、僕の夢を聞いてくれる。

もっと英語を話せるようになりたい。

留学したい!といった夢はご時世から差し控えるようになった。

 

僕は子ども達と毎日楽しく過ごしたい。

今まで行ったことのないところに連れてってあげたい。

僕が死んだ時に、パパの話で盛り上がってくれたら幸せだ。

 

言い訳だけど、オンリーワンな生き方を家族や友だちとシェアしたい。

さて病院に行こうかな…。

 

 

iPhone 4S キッズケータイ化

我が家はウィルコムからソフトバンクに去年乗り換えた。

3台のガラケーが見事にiPhone 6に変わった。

以来、格安に使ってきたが、そろそろない来年のことを考えなきゃならなくなった。

 

下の子ども二人には、発信機としてiPhone 4Sを与えている。

3Gではあるが、FaceTimeで通話ができる。

でもだいたい安否確認のため、「iPhoneを探す」を親機からチェックするだけである。

 

来年は僕がiPhoneを手放し、妻と長女が継続するのだろう。

とにかく金がかかり始めてきた。

 

iPhone 4S 海外正規SIMフリー 64GB BLACK

iPhone 4S 海外正規SIMフリー 64GB BLACK

 

 

 

Joy-Conも予約。

ニンテンドー・スイッチを予約できた我が家。

ママには内緒で、そのことを話した子供たちは大喜び。

Joy-Conの色のツッコミが入り、ネオン色をヤマダで予約してきた。

ゼルダがほしかったが、みんなでプレイするためのスイッチである。

Edyをヤマダでは使えないが、ボンバーマンも予約してしまった。

 

配送ではなく店舗引き取り。

ウチの奥さんは宅急便が大嫌い。

アサーティブな僕はここでも神経を使う。

 

Joy-Con (L) ネオンレッド/ (R) ネオンブルー

Joy-Con (L) ネオンレッド/ (R) ネオンブルー