英語で教えないと

脱サラ教師。ゴルフを再開しました。

PGAドリル01 (グリップ、ポスチャー、アライメント)

PGAのDVDを運良く観ることができた。

今日のドリルは、グリップとポスチャー、ボールの位置を含めたアライメントである。

早速、地元の打ちっ放しに行って確かめた。

 

f:id:hide5344:20170720185657j:image

 

ど真ん中はSW〜8Iで、一つ前が7I〜5I。

前足かかとの延長線上が4I〜F.W.となる。

 

僕は前足かかと延長線にボールを置いている。

PGAの教本もそう書いてあったのが10年前で、

いわゆるフェードの出るプロ志向であった。

 

真ん中で打つのが難しい。

トップしたり棒球を打ったりした。

結論ではないが、持ち球をドローにするために、前足かかとよりボール一つ分内側に置くいいみたいだ。

ショートアイアンは真ん中。

あとは精度を上げるのみ。

アドレス時のボールの位置

僕はボールを右足かかと(左利き)の延長線上に置いていた。

f:id:hide5344:20170719235710j:image

アドレス時のクラブのフェースはシャットしている。

先日の河川敷でロングアイアンがどスライスしていたのは、手首の返しが早すぎたのだと分析できる。

 先述の久富さんの本では、ボールの位置はセンターより2個左(左利き)だそうだ。

f:id:hide5344:20170719235740j:image

 

これだと体重移動が難しいので、かかとの延長線上から2個後ろにセットすることにする。

 

今月はすべてのクラブでドロー球を打つ練習をする。

ドローが打てて、スイングが安定してきたら、「50y前後のアプローチ」 を徹底的に練習したい。

10年ぶりのゴルフ

ディプレッシブな僕も少しずつ職場に復帰。

カラダとよく相談した結果、サッカーはもう指導者も含めて引退する。

ずっとサッカーに代わるスポーツを探していたところで、ゴルフにたどり着いた。

 

10年ぶりの僕は浦島太郎状態⁉︎

みんな3Iや4Iの代わりにユーティリティをバッグの中に入れている。

キャディちゃんの代わりにGPSでグリーンまでの距離を測定してる。

レフティの僕にとってアイアンは一生モノだが、Apple Watchに早速、『ゴルフな日』を入れてみた。

 

久富さんの本を読んだ。

僕の目標は「月一ラウンドで一年後にシングル」である。

まずは最新の理論を脳内プログラムに再インストールしてみる。

 

 

 

究極のスマートウォッチ Apple Watch + wena wrist 12

ようやくApple Watchのケースが届いた。

f:id:hide5344:20170718170601j:image

f:id:hide5344:20170718170416j:image

写真の通り、wena wristを外し、バンドアダプターClickを外してケースを装着する。

実はメタル調のケースであって、中は樹脂製。

伸びるし、Apple Watchにはめやすかった。

これでApple Watchとwena wristの合体は完了した。

 

 

 

 



 

究極のスマートウォッチ Apple Watch + wena wrist 11

結局、昨晩はApple Watchをいじり倒してしまったが、wena wristに装着するとこんなカンジ。

f:id:hide5344:20170715200229j:image

 wena wristはSUSなので、マット仕上げのアルミボディのApple Watchとは少し違和感がある。

f:id:hide5344:20170715201116j:image

f:id:hide5344:20170715201131j:image

バンドアダプターは米国Sevensixteen社のClickを使用した。

Clickは22mm幅のバンドアダプターなので、wena wristをつける場合は、あらかじめ棒を外しておくと作業しやすい。

次回はメタル調のケースを付けてみよう。

 

 

 

究極のスマートウォッチ Apple Watch + wena wrist 10

およそ300日ぶりのスマートウォッチの話である。

ゴルフを再開した僕は『ゴルフな日』なるコースアプリを試し、ついにApple Watch series2を買ってしまった。

 

当初はwena wristに装着するつもりで、ステンレスを考慮していたが、6〜7万は高すぎた。

廃れてもいいようにアルミのスポーツタイプを2回払いで手に入れた。

 

f:id:hide5344:20170714170458j:image 

 

うちに帰ったらwena wristにはめてみよう。

 

 

微かな光明

ディプレッシブな私。

先週からお休みいただいています。

辛かったのは、家族にあたることと、副社長と面会し、病状を説明することだった。

 

まだ3日目ですが、実はディプレッシブ克服の光明を見た。

薬の効き目もあり、昼夜は逆転。

眠れないから母のロビを修理していると、とても楽しい気分になってきた。

ロビを全身分解せずに、腕のサーボモータを繋ぎ直したのだ。

 

昔からものづくりが大好きだ。

もう何年も忘れていた感覚だ。

妻も声が弾んでいる、と褒めてくれた。

 

生業になるかどうかわからないけど、ものづくりが僕らしさを取り戻すキーワードになりそう。

さあ、そろそろ診察の時間だ。