読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

英語で教えないと

脱サラ英語教師ももう40歳。

教員志望の原点

教採アーカイブズ

昨日中学時代の数学の先生にお会いする機会があった。

大変申し訳ないけど有給を使ってまで会う価値はなかった。

あんまり人の悪口を書きたくないのだが、

中学時代に感じたガットフィーリングは間違っていないと思った。

僕は中高の英語教師になる。

希望は中学校だから、社会科の恩師のようになりたい。

でも英語においては好きだった教師が一人もいないのだ。

なんちゃって留学をしていた時の先生の授業が懐かしい。

異文化理解とディスカッションから生じた小競り合い、

スパークしたような世界観の拡大と語学力の習得があった。

本当に初任者は「はい」と「Yes」しかないのだろうか?

どうすりゃ「リトルへでたん」のような生徒を救えるんだろう。

校種と場を間違えたかな?

ちょっとやって違和感があったら他県へGOも選択肢だと思う。