読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

英語で教えないと

脱サラ英語教師ももう40歳。

【プレイバック教採2013】●アカの二次試験対策に行ってきた

2013年8月19日

先週金曜日、●アカの二次試験対策に行ってきた。
全く準備していなかった僕にとって、
睡魔に襲われる中、このコースは劇薬となった。
すごく客観的に見ても、講師の評価を振り返っても、
正対しない答えをその場しのぎで回答していたんだから。
のこり2週間で筋の通った回答ができるよう準備したい。
(以下は備忘録ですので勝手に書いてます。)


<格好悪かったQ&As>
?今までの勤務先で何を学んだか、またそれを教師としてどのように生かすか?
?拾ってもらった今の会社を裏切るわけですね?
?社会科も国語科も免許を取得されていますが、教えたい教科は英語でいいんですか?
?中学時代の担任教師に憧れて教員を志したにも関わらず、社会人となったのはなぜか?
?(単元指導案に評価とあるが、どのような態度を評価するのか?
?(単元指導案に)資料を揃えるとあるが、具体的にどんなものを準備するのか?
?(場面指導)受験前までは黒髪だったのに、受験が終わった途端、
 黄色に染める生徒いました。あなたならどうしますか?


場面指導以外は、僕が招いた内容である。
アピールしづらい社歴は記載しないべきであったし、
現行の会社とは円満退社に向けて話を進めている、と想定すべきだった。
また、僕のヒストリーを時系列に簡潔にまとめるべきだった。


1)部活と学業が両立できない時期に担任の先生に出会い、
 檄を飛ばしてもらってから、先生のような教師になりたいと思った。
2)担任の影響で大好きな社会科を学ぶうちに国際関係に興味を持った。
3)インドへの短期留学を経て、英語の利便性と伝わる喜びに感化され、
 語学に興味・関心を持った。
4)卒業後イギリスに留学し、語学力と貿易について学んだ。
5)商社に就職し、長女の誕生をきっかけに、次代を担う子どもたちのために、
 自身の経験が役立つよう教師になりたいと思った。
6)3年前に英語科の教員採用試験を受けたが失敗。
 子どもたちの教育と生活を考え、取引先に再就職した。
7)取引先を考慮し、3年間受験を自粛することに決めたが、
 その間、英語科教師としてよりよい授業を導入したく、
 社会科と国語科の免許を取得した。


長いね。
これをどう語れるかは僕次第だし、アピールしたいところだ。
単元指導計画も3年の間に教科書も変わり、
薄っぺらい内容だから、僕だけのオリジナルにこだわりたい。
グループディスカッションは時は経っても高評価でしたよ。
場面指導の事例付の本が欲しいところだ。

そう考えると、3.0倍程度でいけるかもしれない。
臨任にチェックを付ければ、2.0倍くらいなんだろう。
(精神的・経済的不安があるからチェックしなかったけど)

どうにかして124の採用枠に入れるよう頑張ろう!