英語で教えないと

脱サラ英語教師ももう40歳。

教員中期3年計画

まだ迷ってますが、3年間は耐え忍んで、休職制度を利用した大学院進学を目指すことにします。
第ーに、生徒の生活指導がイヤで、ストレスで体が壊れるのは死に損だということ。
第二に、ツールであった英語を徹底的に学べる機会が身近にあるということです。

今月は体調を崩しました。
英語力の向上を脳トレに頼ろうとしていました。
もう無理はせず、限られた時間の中で最大限のパフォースンスを発揮できるようスモールステップを踏んでいきます。
11月は都立高校入試の過去問研究をとことんやります。
12月は英検2・3級の教本が書けるくらいにとことんやります。
来年6月の英検1級の一発合格を目指し、新年から着実に取り掛かります。

そこから先はTOEFL対策をやりまくります。
TESOLにするかどうかはわかりませんが、とにかくチャンスをものにします。