英語で教えないと

脱サラ英語教師ももう40歳。

TESOLかMBAか

小規模校ゆえの残業なのだと、
チクワのようなA先生が自分を奮い立たせていた。
それを聞いたB先生は今日もセブン-イレブンだと自虐的になっていた。
最近、多くの職員がテンパっており、誰かの過労による欠勤を待ち望んでいる感がある。

僕は2年目を乗り切り、異動の可能性を探りながら、
3年目にTOEFLとIELTSのハイスコアを準備していきたい。
一生、中坊の教師なのは体力的にムリがあるし、これが最後のアップグレードとなるからだ。
MBAとTESOLで揺れているのは、英語屋がイヤだということ。
でもまあキャリア的にはTESOLになるんだろう。

将来のために今はガマンだ!