英語で教えないと

脱サラ英語教師ももう40歳。

IELTSっていいかも

そのうち大学院関連のテーマを作りますが、再来年度以降、TESOLを取りに行くつもりです。
今年度末で最低在職期間の3年をクリアしますが、来年度、大学院休職制度を使うためには6月末までに学校長に申請する必要がありました。
つまり、来年の6月末までに異動先で申請し、再来年以降の入学を決めるという段取りとなります。

TOEFLとIELTSのどちらかを今年中に受験するつもりですが、過去問や練習問題を解く限り、IELTSの方が相性がいいと思いました。
あんまり体力もありませんから、少しでも短い方が都合よく、リスニングも米語より耳に残るのです。
7.0が一つの大台ですので、早い段階で達成できるよう頑張ります。

TOEFLはある種のトラウマがあります。
10年前にMBAを検討している時に受けたことがあります。
iBTに換算すると80点にも届いておらず、当時の僕の能力のなさに嘆いたものです。

あれから10年。
どれだけ進歩したのか、自分を試してみたい気持ちが今は強いです。
部活や仕事を理由に日々の研鑽を逃げ回ってきましたが、英語だけは逃げてはダメです。

またブログで進捗を報告できるよう、頑張ります。