英語で教えないと

脱サラ英語教師ももう40歳。

MESHとIFTTTの連携その1

昨日、トイザらスからレゴセットが届いた。


{0D0F2F5D-39F1-4FC8-A49A-85A2FA74CDEB}

このレゴセットを使って、MESHのMOVEタグを内蔵したドールハウスを作りたい。
でもパネルパーツが少なすぎるので、近々、レゴショップの詰め放題に行くつもりだ。

さてIFTTTとの連携であるが、まずはその特徴について説明したい。
アプリ間の接続を自動化できる仲介的なアプリである。
GPSでウチに近づいたらメールする、ということもできるが、メールはGmailか純正のメールアプリしか選べない。連絡手段にLINEも使えるが、自分を含むグループにしか送れない。

{DD2EA9C8-B87E-4223-AFD6-4DF44B9190EA}

例えば、子どものiPhoneにIFTTTを入れ、Gmailの連携を親のアカウントで行う。
そうすることで、親は子どもが習い事先のエリアから出たかどうかがわかる。
また、帰って来たかどうかもわかるのだが、子どものiPhoneにIFTTTの通知が表示される。
つまり、早い段階でロックオンされていることがバレてしまうのだ。

基本通り、MESHとIFTTTを連動させた方が、我が家にとっては都合がよい。