読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

英語で教えないと

脱サラ英語教師ももう40歳。

続・UK版Playstation VR がやってきた

電源アダプターが100-240Vだったので、『国内用変換プラグ BFtoA』を買えば、なんの問題もなかった。

PS2とかラジカセとかのメガネ型電源コードをそのまま繋げても十分だろう。

{451995D0-847B-4CFD-8FB9-DE5C38962F20}

問題なくVRをPS4につなぎ、テレビ・PS4・ヘッドセットの電源を入れた。
ここからはPS4が日本語なので、セットアップは程なく完了。

VRの解像度は低いのは承知なので、シネマティクモードでいかに楽しめるかトライしてみた。

{FC8136FB-01F6-43EE-9CAA-7858672AEA22}

画面をSmallにしても文字が潰れて見えてしまう。文字のない映像をぼんやりみていると、だんだん映画館にいるような感覚になってきた。
30分くらいで目が疲れる。
足もつり始めたので、少し休憩することにした。

休憩後、Driving Clubの体験をやってみた。
コースを一周したあと、とても気持ち悪くなり、ヘッドセットを脱ぎ捨てた。
レーシング系は酔う。ロンドン・ハイストの高速道路でも酔ってしまった。

一説にVR酔いは、PS4の性能の低さが招いていると言われているが、Proに乗り換えても払拭できないかもしれない。
そこまで強い拒否反応だった。

でも純粋に楽しいと思う。
VRの世界に浸る、いわゆる鑑賞系のソフトが良いのかもしれない。
トータル的に買ってよかったと思う。