英語で教えないと

脱サラ教師。ゴルフを再開しました。

Tittle Xを試してみた

ずっとビッ●カメラのパター 売り場にあった細長い箱。

ゴルフシミュレーターTittle Xをついに買ってしまった。

別に予算が余ってたわけじゃない。

ただ毎日少しずつでもクラブに触れるきっかけがほしかった。

 

Tittle XはE6というWindowsソフトと、Androidのソフトが付属されている。

小型のデバイスをクラブにセットしたクレードルにつけてスイングする仕組みだ。

WindowsのE6はそれなりのグラフィック性能を求め、かつBluetooth接続が前提条件なので、デスクトップにBTドングルをはめた。

CSRがドライバーのBTドングルは、ウチのWindowsと合わなかったため、非CSRのBTドングルを探した。

 

無事E6でプレイすることができたが、ディスプレイが小さすぎて、ゴルフしている気分ではない。

短焦点プロジェクターをいくつかみてみたが、予算的に夏まで待った方が良いと判断した。

 

あとデバイスをはめてスイングすると、僕は全て同じ軌道でスライスしている。

ソールした位置を記憶し、インパクト時の角度を割り出しているわけではなさそうだ。

インパクトの位置を解明するまでアプローチの距離感を出す練習器具だと割り切ることにする。

つづく

 

tittleXゴルフシミュレーター

tittleXゴルフシミュレーター