英語で教えないと

脱サラ教師。ゴルフを再開しました。

Tittle Xの使い道

E6にオーゾライズできていたようで、12のゴルフコースでプレーができるようになっていた。

Tittle Xについて僕なりにまとめてみたい。

 

①デバイスiOSAndroid→PC

バイスiPhone/iPadAndroid端末とペアリングしておく。

アプリTittle Xを立ち上げる。


f:id:hide5344:20180106223655j:image

 

右下のアプリはTittle Simulatorのβ版で、Androidでシミュレーションゴルフが楽しめる。

現在僕はミラーリングでプロジェクターとつなぐテストをしている。

 

②PCと接続

WindowsアプリでデバイスをBT接続する。

上記①の端末を媒介に接続することもできるが、Tittleの日本語の説明書ではペアリングし直すよう書かれている。

それなりのスペックが求められるくせに、デスクトップに鬼門のBTドングルを探すところから始まる。

アプリTittle XからシミュレータE6を立ち上げるが、初期段階では2コースしか回れない。

これも絶対にプロジェクターで出力されたスクリーンに向かって球を打つべきである。

夏ボーまでゴルフが好きだったら、僕はプロジェクターを買うつもりだ。

 

家での練習はパッティングとアプローチ。外に出て7Iでの素振りに限る。

僕的にはTittle Xでクラブを選び、デバイスをクラブに取り付け、ひたすら素振りすることをおすすめしたい。

バイスだけでも大体の飛距離がわかるからだ。

週末はショートアイアンとパターだけでラウンドしてみよう。