英語で教えないと

脱サラ教師。ゴルフを再開しました。

脳科学で振り返る僕の半生 〜人生の快楽〜

僕は薄情な人間である。

これまでたくさんフラれてきたが、心の中にはずっと一人だけの女性がいた。

A子を「最初で最後の人」と決めつけ、フラれた後も崇高なイメージをA子に抱いてそれなりに頑張ってきたつもりだった。

 

じゃあ、なんでA子だったのか?

それは僕を「承認」してくれたからだ。

「●●なら絶対に大丈夫だよ!」

「●●ほどの男ができないわけないよ!」と、いつでもA子は僕を承認してくれた。

当時、ポケベルのメッセージをもらうだけで、ヤル気が湧いていた。

 

脳科学で言うならば、当時の僕は承認欲求が満たされ、脳内の報酬系が刺激され、ドーパミンが分泌されまくっていた。

「きみがいてくれるなら、なんでもできる気になるよ」

B’zの歌詞のようなハイな状態であった。

 

その後、あっけなくフラれるが、受け入れられない僕は代替欲求を叶えようとした。

またB’zの歌詞に出てきそうな「きみが教えてくれた●●」を追い求めた。

かなりA子に持ち上げてもらっていたので、僕の潜在能力が孫悟飯ばりに埋まっていると信じていた。

英語を勉強し直そうと思ったのもその頃である。

家業と関連性のあるハウスメーカーへの就職をあきらめ、商社を受け直した。

 

この頃の直向きな僕は空前絶後のモテ期を迎えていた。

代替欲求が、後輩のB美ちゃん、講師仲間のCさんに向かっていれば良かったのだが、A子の言葉は「聖典」となった。

もはや宗教である。

残念ながら一神教であり、A子との再会を夢に見て頑張るだけの毎日を送った。

 

上記の内容を全て過去形で書けているので、もう毒は抜けただろう。

自分の作り上げた幻想にコントロールされた20代であったが、得るものも大きかった。

留学して英語をマスターできたし、海外出張して、エージェント気分で外国人と渡り合うこともできた。

 

すべてはさじ加減である。

僕はこのチカラを僕自身と教育に活かしていきたい。