英語で教えないと

脱サラ教師。ゴルフを再開しました。

スイングの極意

スクールに入り直して半年が経った。

ようやく球を捕まえられるようになってきたが、クラブを変更する度にリストターンのタイミングがわからなくなる。

今はとにかくスライスを出さない練習に励みたい。

 

今日、これだ!と感じるスイングができた。

ダウンスイング時に頭を後ろに向け、リストターンをシンクロさせるタイミングだ。

「後ろにポケット」を作れ、と脳が命令したのがわかった。

ポケットとはおそらく空間のことで、後ろ重心の間に手首を返しておく感覚的なニュアンスだろう。

桑田氏の弟の教本のように、ボールはそこにあるのだから、ぼんやり見えるくらいだった。

 

ゴルフシミュレーターやインドアゴルフを介して色々と試してみたが、やっぱり打ちっぱなしでの練習がベターだと思う。

60ヤード以上飛ばなきゃ球筋がわからないし、感覚的に気持ち良くならない。

冬はラウンドせず、打ちっぱなしでスイング作りに時間を充てたい。