英語で教えないと

脱サラ教師。ゴルフを再開しました。

禅と茶の湯

先日の修学旅行で大徳寺に行ってきた。

タクシーの運転手さんからのおすすめで、秀吉と家康が碁を打った時の碁盤や天正11年製の国産火縄銃をを見た。

 

僕のおすすめは黄梅院である。

縁側に足を伸ばし、枯山水庭園を一人静かに眺める。

誰もいない空間と静寂を楽しむ。

静寂の中に葉を揺らす風の音や小鳥のさえずりが癒しを生む。

 

信長が茶の湯を愛した理由が少しわかった。

心を整えなければ決断できない。

死線を超える覚悟も自分と見つめ合わなければ決められない。

信長は茶の湯を通して自分を見つけていたのだと思う。

 

僕も無宗教だが、心を空にする=脳をリセットする効果は禅に習うべきだと考えている。

終の住処は数寄屋造風の平屋に住みたい。