英語で教えないと

脱サラ教師。ゴルフを再開しました。

mustとhave to

学習塾のお供『フォ◯スタ』を解いていたらこんな英文に出くわした。

 

Hiroshi must finish his homework.

ヒロシは宿題を終えなければなりません。

 

並び替えなので’must’を使うしかないが、常識的に’has to’が妥当である。

ヒロシの母ちゃんや先生が話者であるならばわかるが、仲間内の会話だとほぼありえないケースである。

万が一、ヒロシの友達が話者であっても、きっと彼は学習委員か何かで、目標達成のためにヒロシを強請ったのだろう。

 

マーフィーの”English Grammar in Use”では、三人称単数プラス’must’で始まる例文は一つもなく、’have to’は’be obliged to’に置き換えるような説明をしている。’must’はあくまでも命令を意味している。

 

もし生徒が聞いてきたら、お節介な学習委員がヒロシの居ないところで、「やれよって言ったんだよ」とぼやいているイラストでも描いてあげるつもりだ。

’have to’は仕方なくやらされてる感だと僕は生徒には説明している。