英語で教えないと

脱サラ教師。サッカーを再開しました。

やっぱり英語は面白い

ずっと悩んできたことがある。

教師になってから生活は安定し妻や子どもたちは大喜び。

去年は一ヶ月間精神的な休養を取ったが、なんとかカムバックした。

困難に遭遇しても、腹をくくればなんとかなる職業なのだと理解した。

 

ずっと退屈だった。

夢がなくても踏ん張れば生きていける毎日。

サッカーもやめ、代わりに始めたゴルフにスポーツなのか自問自答する日々。

だから多少上手くなっても、競技ゴルフに進めなかった。

今は精神修養の一環として、楽しめればいいと思っている。

 

今日は失くした夢をまた拾えそうな衝動に出会った。

区の英語学芸会に参加した。

スピーチは正直興味がなかったが、自校を含めた他校の劇に心が躍った。

プロ顔負けの雰囲気を中学生が醸し出している。

ある学校は英語教育の迷走ぶりをコミカルに演じており、いわゆるブリティッシュ・ジョークを堪能した。

 

やっぱり英語は面白い。

堂々と日本人が英語を喋る姿は、どこかオビ・ワンのような悟りが入っていて、カッコいい。

ただ多くの人が日本人である誇りを忘れているのが残念である。

誇りを持てないから、言霊にならない。

帰国子女のスピーチがイマイチなのも心に響かないからだ。

最近の受賞者は英語の話せないハーフちゃんの苦悩と決意が受けている気がする。

 

自虐的なジョークで相手が笑ってくれるのが、英語が面白いと感じる瞬間だと思う。

でもその引き出しから出すためには、自分の国を愛し、誇りを持っていなければならない。

 

一言にそれは愛国心と言えるが、右派だと思われてしまうので、オブラートに包んでおきたい。

最近、愛国心を持てなくさせた諸悪の根源がわかってきた。

またオブラートに包んで言えば、僕らはもっとじいちゃんばあちゃん、ご先祖様をリスペクトすべきである。

 

僕の考えは上記の2.0までたどり着いた。

同じ言語でテーブルに着くし、日本人らしく正々堂々とファイトできる人間になりたい。

僕は幸いにも教師であるから、国外に出しても恥ずかしくない生徒を育てていきたい。