英語で教えないと

脱サラ教師。サッカーを再開しました。

『わかりやすさの罠』を読んで

最近の池上さんの本は、デジャブ効果のような、どこかで話されている内容が多い。

それは本人の言なのか、新聞のコラムなのかはわからないが、とにかく内容が耳から耳に抜けやすい。

 

切り口や論調が異なると池上さんじゃ無くなるし、自分の知識が常識なんだと確認できてよかった。

残念ながら図書館で十分な内容であった。

 

でも初めて読む方や池上さんご無沙汰な方にはオススメですよ。

 

わかりやすさの罠 池上流「知る力」の鍛え方: 池上流「知る力」の鍛え方 (集英社新書)